脱炭素経営ランキング「GX500」

5分野(情報開示、排出量の管理や削減実績、省エネや再エネ活用、温暖化ガス削減の具体策、削減の目標設定)で企業の実力を示すランキングが発表

SからDDDまで503社をランク付け。

評価にあたり、サステナビリティーリポートや統合報告書は、重要な位置づけ

https://vdata.nikkei.com/prime/gx/gx500/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です